スピリチュアル

色々な合図とメッセージ  リーディングより

最初にお断りするのはリーディング内容は個人情報と同様として扱っているのでブログに書いたりはしていません。ただし、ここに掲載する場合はご本人の許可をとっています。

 

今回のリーディングはAさんという女性。始まる前にどなたからメッセージを頂きたいかを伺っていなかった。

出て来てくださった方は父方のおじい様と伝わってきてそれをお伝えしたけれど、最初はなかなか特定ができなかった。もうお1人は母方のおばあ様だった。同じく特定がなかなかできなかった。100%間違いなくできるというのは難しい事も多い。今回もそれを実感。

リーディングを掲載してくださいました 

先日リーディングさせていただいたジュテームボクーさんのブログです。

リーディングの内容の一部を書いてくださっています。

リーディングしていただきました

ありがとうございました。

 

リーディングのイメージ 1

スピリチュアル・リーディングではイメージを間違えて解釈したりすることもある。

 

両開きのドアのついた押し入れ、と見たら実際には両開きのドアだったとか、

段ボール箱、と見たら木箱だった、

いうようなこと。

実は「これでした!」と後から連絡を頂き、腑に落ちることがある。なるほど、そのことだったのか!みたいな感じ。

 

いきなりイメージを送ってくれることもある。例えば「筆」。本当に筆のみ。で、私としては何でしょう、筆って? となる。伺うと「生前は書道家だった」とか。

感動したリーディング  リーディングより

最初にお断りするのはリーディング内容は個人情報と同様として扱っているのでブログに書いたりはしていません。ただし、ここに掲載する場合はご本人の許可を頂いています。

 

 

この日のリーディングは最初からちょっとだけ違っていた。

リーディング前、準備をするのだけれど、その時に光の世界にいらっしゃる方が依頼者さん(Aさん)と紐のようなもので繋がっている所を見せてくれた。この意味は光の世界いるCさんにAさんは気持ちを伝えていたそうで、それをCさんが受け取っているという意味だと感じた。それだけでも感動をする。

 

リーディングの内容や実際

ブログ妻が膵臓癌になりましたでモコさんがスピリチュアル・リーディングの事を書いてくださいました。

 

リーディングがどんなものか分からない方や、リーディングを受けることを迷っておられる方には参考にしていただけるかと思います。

スピリチュアル・リーディングに対する質問

リーディングと言うと目の前に依頼者がいないと、つまり対面でないと出来ないと思われると思う。そう思うのが普通かもしれないですね。

 

実際は目の前にいらっしゃらなくてもリーディングは可能です。

対面と、電話などのツールを使う遠隔リーディングでの違いはと言うと大きな違いはないです。

あるとしたら私がメッセージを届けるとき

「これぐらいの大きさの」

新しいサイトとこのブログの訂正について

このブログは闘病記、愛犬たちとのことなどをサイトにしたときから掲載しています。内容も多岐にわたりつつあり、整理を兼ねて新しくサイトを作成と引越し中です。

引っ越し作業中に作業が上手く引き継がれなかったりしています。そのためカテゴリーごとに記事を分けたにもかかわらず入っていなかったりしていますし、写真も記事の中に掲載されていなかったりあします。一つづつ訂正できればしていきく予定ですが時間がかかりそうです。

 

 

 

*アニマル・コミュニケーション のページ http://ani.sakura-marina.com/

*スピリチュアル・リーディング のページ  http://spi.sakura-marina.com/

*私のオリジナルブランド DAHLOIA  http://shop.6819.info/

 「地球を最終処分場にしない」をコンセプトにしたリメイクブランドです。

最適なタイミング

スピリチュアル・メッセージを届けるタイミングはまるで計算されたかのように感じるときがあります。

 

重要な日にだからこそスピリチュアル・リーディングを受けたいというときであってもタイミングが合わないこともある。

所が、この日は私の方は外出予定が合ったのにも関わらずタイミングよくその時間だけは都合がつけれると判ったんです。

早速、準備をして無事メッセージを届けることができました。

本当に感動するメッセージだったし、このタイミングであったことに感謝。

 

 

夢でオーラ

オーラを見る方法を学んだとしてもなかなか見れるようにならなかったりする。

私もそうだった。

 

数年前だけれど、オーラの視方を実習でやったのだがやはり簡単ではない。

やはり無理だろうな、と思い眠った日の朝見た夢が、オーラの視方を教わるというものだった。

 

その前はピリットの見方を夢の中で教わった。

 

 

 

blog tag: 

メッセージを届けに来てくれたCちゃん

Cちゃんは私の友人のペットの猫ちゃんです。

数年間、友人宅には定期的にお邪魔していました。

ペットの猫ちゃんは2匹いますが、Cちゃんはとても警戒心が強く最初の数回は遠くで私の様子を見てはいましたが決して近く委は来てくれませんでした。通常は、知らない人の前に姿を見せることはないので、姿を見せるだけまだ警戒心が少ない、と友人に言われたのですが、なんとかお友達になりたいのです。そんな私の一方的な気持ちが次第に通じていきます。

私が友人のお宅にいる間、同じ部屋に一緒にいるようになります。

 

ページ