スピリチュアル・リーディング

お申し込みについて ミステリーニュースステーションでのお申し込み

以下のサイトからもリーディングはお申込みいただけます。詳細は以下のページでご覧ください。

ミステリーニュースステーションでのお申し込み

 

 

 

---********---********---

現在、以下の通り3つのサイトがあります。

持って行けるもの

この日のリーディングは亡くなられた娘さんでした。

突然倒れられ、病院へ救急搬送されたものの意識が戻らず残念ながら数日後に亡くなられたそうです。御家族は懸命に看病をされたそうですが、そのことを意識のない娘さんは判っていなかっただろうとおっしゃっていました。

リーディングで娘さんが「6人の人がベッドの周りにいる」と教えてくれました。実際に、娘さんのベッドを6人で囲み励ましていたそうです。

お誕生日をお祝い ~リーディング

最初にお断りするのはリーディング内容は個人情報と同様として扱っているのでブログに書いたりはしていません。ここに掲載する場合はご本人の許可を頂いています

 

今日はAさん(男性)のリーディングの一部をこちらに掲載しようと思います。私自身がリーディングをしながら感動をしてしまったリーディングです。

 

リーディングが始まると人形かぬいぐるみ(犬や猫などの四つ足の動物ではない)を見せてくれました。Aさんに伺うとご結婚された時に買ったぬいぐるみがありそれをずっと大事にされていたそうです。

ブログに掲載していただいています

弘子さんが愛するペットのことについて掲載して下さいました。
またいつの日か… びーちゃん

記事にも書いてくださっていますが、友人たちとイギリス人ミディアムの開催するスピリチュアル・ワークショップに参加しました。

その時に初めてお会いしたのが弘子さんです。

色々な合図とメッセージ  リーディングより

最初にお断りするのはリーディング内容は個人情報と同様として扱っているのでブログに書いたりはしていません。ただし、ここに掲載する場合はご本人の許可をとっています。

 

今回のリーディングはAさんという女性。始まる前にどなたからメッセージを頂きたいかを伺っていなかった。

出て来てくださった方は父方のおじい様と伝わってきてそれをお伝えしたけれど、最初はなかなか特定ができなかった。もうお1人は母方のおばあ様だった。同じく特定がなかなかできなかった。100%間違いなくできるというのは難しい事も多い。今回もそれを実感。

リーディングを掲載してくださいました 

先日リーディングさせていただいたジュテームボクーさんのブログです。

リーディングの内容の一部を書いてくださっています。

リーディングしていただきました

ありがとうございました。

 

感動したリーディング  リーディングより

最初にお断りするのはリーディング内容は個人情報と同様として扱っているのでブログに書いたりはしていません。ただし、ここに掲載する場合はご本人の許可を頂いています。

 

 

この日のリーディングは最初からちょっとだけ違っていた。

リーディング前、準備をするのだけれど、その時に光の世界にいらっしゃる方が依頼者さん(Aさん)と紐のようなもので繋がっている所を見せてくれた。この意味は光の世界いるCさんにAさんは気持ちを伝えていたそうで、それをCさんが受け取っているという意味だと感じた。それだけでも感動をする。

 

リーディングの内容や実際

ブログ妻が膵臓癌になりましたでモコさんがスピリチュアル・リーディングの事を書いてくださいました。

 

リーディングがどんなものか分からない方や、リーディングを受けることを迷っておられる方には参考にしていただけるかと思います。

スピリチュアル・リーディングに対する質問

リーディングと言うと目の前に依頼者がいないと、つまり対面でないと出来ないと思われると思う。そう思うのが普通かもしれないですね。

 

実際は目の前にいらっしゃらなくてもリーディングは可能です。

対面と、電話などのツールを使う遠隔リーディングでの違いはと言うと大きな違いはないです。

あるとしたら私がメッセージを届けるとき

「これぐらいの大きさの」

最適なタイミング

スピリチュアル・メッセージを届けるタイミングはまるで計算されたかのように感じるときがあります。

 

重要な日にだからこそスピリチュアル・リーディングを受けたいというときであってもタイミングが合わないこともある。

所が、この日は私の方は外出予定が合ったのにも関わらずタイミングよくその時間だけは都合がつけれると判ったんです。

早速、準備をして無事メッセージを届けることができました。

本当に感動するメッセージだったし、このタイミングであったことに感謝。

 

 

ページ