イギリス

初体験

先日、イギリスで学んできたことが大きく役に立つ出来事があった。

スピリチュアルというといまだにアヤシイ事だと思われることがある。しかし、今回は本来あるべきスピリチュアルというものをしみじみ感じることができたので話せる範囲でここに残そうと思う。

 

 

何名かのミディアムが出演し会場には数十名の方が集まるイベントがある。そのイベントに出演。私の隣りに座った女性が、イベントが終わった後に声をかけてきてくれた。「私の息子が今年亡くなりました。横にいませんか?」と。

もちろん息子さんの気配を感じていた。

blog tag: 

イギリス5 移動

イギリスでは何ヵ所か移動し、2時間近い移動もありました。やはり移動はどこでもそうですが慣れるまでは大変でした。

その移動中に起きたことをメモ代わりに書いておきます。

 

 

まず、イギリスへ到着した後はオイスター・カード (London Oyster Card)するのに迷ったのは帰国してちょっと休養 イギリス1

イギリス3 ハリー エドワーズ

ハリー エドワーズとはヒーリングで有名な方です。

ロンドンから1時間半~2時間の所にハリーエドワーズ・ヒーリングサンクチュアリがあります。現在では宿泊施設もあり結婚式もできます。

 

もうすこしハリーエドワーズについて。1893年5月29日生れ。第一次世界大戦中、入隊し戦地へ赴きました。治療を担当していたようですが、その時多くの傷ついた兵士たちの回復が早かったそうです。

イギリス2

到着して、英国スピリチュアリスト協会(SAGB: Spiritualist Association of Great Britain)へ行ってきました。

ここではレッスンとリーディングを受け、デモンストレーションに2回参加してきました。

デモンストレーションはプラットホームとも言われ、「魂が死後も存続する事を証明する」為に行うものです。方法は会場に何人か集まり、ミディアムが皆の前に立ちます。どなたかに関係する霊かと言ったことが特定できるよう容姿の特徴などを述べます。その後、メッセージを伝える、という手順で行います。

帰国してちょっと休養 イギリス1

今回、イギリスへはスピリチュアリズムの勉強のために行ってきました。

いくつかのスクールのクラスに参加することができました。

 

1人で行ったのでやはり到着当日は判らないことが多く大変でした。

まず到着して空港からホテルへ移動するのに交通系カードを購入しようと思っていたのですが、それがなかなか分からず結局、隣りで同じく購入方法が判らず迷っていた中国の方と一緒に現地の方に聞き購入できました。ところがバス停が判りません。事前に調べてはいたのですがどうやら移動したようです。駅員さんに聞くと