リメイク

思ったより数が増えて来たのでカテゴリーを作りました

久し振りのリメイク

ビーズの消臭剤を入れる容器が欲しくて作ってみた。

プラスティックのピーナッツバタークリームの容器をベースにレースとかボンドで貼り付け完成。

早い、簡単、面倒なしの三拍子。

下のレースはかなり幅が広くて案外扱いにくい。上の方は他のレースで隠れてしまったのでせっかくの幅広レースがもったいない。次は有効に使ったリメイクを考えよう。

製作費=無料

使用目的=消臭剤容器

 

ハンカチを入れるトートバッグ

前に作ったジーンズのトートバッグと同じ作り方でトートバッグを作成。これ、大きく見えるけど幅18センチのミニサイズ。

ポケット・ティッシュ・ケースとハンカチ程度が入るのが欲しいな、と思い作ってみた。黒い生地が沢山あるので使いたくて綿のレースをあしらったら、案外可愛いのができた(今日も自画自賛)。

裏地も同じ生地にすると思った以上に落ち着いた感じになるから、この作り方は簡単だしちょっとお気に入り。デザイン違いで作ってみようと思う。

黒い生地はたぶんウール混だと思うが羽織を壊したもので、レースは私のサマードレスで使われていたもの。

余り布でポケットティッシュ ケース

母が洋裁をしていた余り布から、ポケット・ティッシュ・ケースを作成。

これ、新しい布だからリメイクではないのだけれど縫い付けた花はリメイク品。

箱はもう置くところがないし、入れるものもない。バッグはと言うとこれもまたそんなには必要ない。しばらく何が欲しいか考えてみるが何もない。余り布の消費のために仕方なく巾着を作ってみたがこれもまた入れるものが無い。使う場面もない。どうしたものか・・・・・

後処理残したパッチワーク

以下、4つは母が作りかけて放置してあったパッチワークを袋に仕上げたもの。

どうせ使わない、と思い放置していたが捨てるのもなんだし、一応袋にしておいた。二つは紐を通して巾着にできたけど、二つはオープンなままの出し入れ口になっている。使い道があるのか?と思わなくもないが縫いかけで放置よりは気分的にもすっきりする。

もしここに母がいたなら適当すぎる作り方に文句を言っていただろう、と言えるほど適当に縫ったもので、ちょっと失敗だったか?と少々の後悔がないでもない・・・・・

着物生地 リメイク

着物の生地の一部を使ってボックスをリメイク。

ハギレをつないで作ったので、つなぎ目が案外目立つ。そこでリボンを結んで垢隠し。内側は前に黄色いボックスを作った時の残りを使った。リボンは本当はもう少し和風っぽいのが良かったが手元になかったので、色がきれいだったので花束用のリボンにしてみた。

これもサイズがあまり大きくないので、小物を入れる程度の利用方法しかないかも。それに特に何か特徴があるわけでもなし、おしゃれでもない。リボンの付け方が適当すぎてナナメだし。つまるところ箱に適当に着物地を貼り付けただけという物だから入れるものを工夫してみようと思う。

blog tag: 

リメイクについて

リメイクを初めて友人や知り合いから聞かれる。

「どうやってこんな風にデザインするの?」

「なんでも作るの?」

みたいな。

デザインと言うのは大げさな表現で”基本的に型紙なし、仮縫いなし、デッサンなしの思いつきがほとんど”と説明した時に聞かれる言葉だ。

なんでも作ると言うのは、バッグ、小物、時に家具、など作ったりリメイクするものに一貫性がないためだろう。私はパッチワークが中心であるというような何かに特化した技術を持っていないから何にでも手を出すのが不思議なのだろう。

 

 

category: 
blog tag: 

黄色いボックス リメイク

黄色い色単体ではあまり使わない。なので、黄色い生地が余っている。これは、何とかして使いたいと思い始め、あえて黄色い色を使ったボックスにしてみた。

箱は母が針仕事で使っていたものを再利用。黄色い生地をカットしてボンドで貼った。それkだけじゃちょっと寂しいのでアクセントにブルーを使ったが、それでもインパクトが足りない。見ると、昔に私が作った茶色い花があったのでくっつけてみる。内側はオレンジがい、とビビっときたのだがそういう時に限っていい色の生地がない。が、あった!!!!着物の長襦袢だ!!!!

早速カットして貼り付けた。

ボックス リメイク

特に使う目的のあるサイズでもなかったし、特別に作りたいものではなかったのだけれど、捨てる箱があたったので思いついてリメイクしてみた。

グリーンの生地はウール混のrenomaのスーツ。知り合いに頂いただけで着ることはなかったのだけれど今ではデザインも古くなりリメイク決定。生地がウール混だけあってしっかりとした感じ。使いきれないボタンをデコレーションしてみたが物足りなかったので適当にビーズやら水晶などを張り付けた。

これはリボンが失敗だった。花束に使われているオマケのようなリボンだからもう少し可愛らしいリボンにした方が高級感が出たかもしれない。

blog tag: 

ペンケース リメイク

ずっとペンケースを作りたかったが、色が決まらずに作るまでには至らなかった。

色々整理していたら、ネットであるものを買ったときに包みとして使われていた筒状の入れ物を発見。そういえば丈夫な筒なのでペンケースにリメイクしようと思って保存していたの思い出した。さっそくカットして布を貼った。それだけじゃ物足りないのでレースとサテンの紐を貼り付けり完成。特に目立った特徴もないがペンケースとしては実用的。

布はトイレットペーパーカバーと同じ素材。

いやぁ、簡単。

 

製作費=無料

使用目的=ペンケース

ページ