リーディングのイメージ 1

スピリチュアル・リーディングではイメージを間違えて解釈したりすることもある。

 

両開きのドアのついた押し入れ、と見たら実際には両開きのドアだったとか、

段ボール箱、と見たら木箱だった、

いうようなこと。

実は「これでした!」と後から連絡を頂き、腑に落ちることがある。なるほど、そのことだったのか!みたいな感じ。

 

いきなりイメージを送ってくれることもある。例えば「筆」。本当に筆のみ。で、私としては何でしょう、筆って? となる。伺うと「生前は書道家だった」とか。

「松をカットしている」イメージの時は園芸屋さん? と思うのが普通だと思うけど実は「盆栽をやっていた」だった、とか。

 

 

あと感情のようなことを伝えられる時にも、モチーフとかシンボリックなもの映像で伝えてきてくれることもある。

中には私はシンボルと思って伝えていたらお身内の方にとってはその物そのものに意味があったりすることも。その逆もあったりする。

 

たとえば、

石鹸というイメージが送られて来た時、何かを洗い流す意味と受け取ったけど、実はお身内の方にとっては石鹸が思い出の品だったとか。

 

 

イメージを送ってくださることの意味は他にもある。

少しずつ掲載していこうかなと思う。