ブログ

現在のブログを掲載中。コメントは記事の下の「コメントを追加」から投稿できます。記事によってはコメント欄を終了している場合があります。その場合は、最新記事へコメント投稿をお願いいたします。
「Like」はFacebookの「いいね」です。クリックしてOKを押してください。コメントを投稿することもできます。Emailボタンからは直接メールが送信できます。

ブログに掲載していただいています

弘子さんが愛するペットのことについて掲載して下さいました。
またいつの日か… びーちゃん

記事にも書いてくださっていますが、友人たちとイギリス人ミディアムの開催するスピリチュアル・ワークショップに参加しました。

その時に初めてお会いしたのが弘子さんです。

菩薩さま

ばたばたしていて随分久しぶりになってしまった。。。。

 

友人のお母様が物忘れがひどくなったと言っていた。その後、病院へ行った方が良いのではとある意味の覚悟を決めたらしい。

今はそんな必要はないとお母様はおっしゃるそうで、まずは、本人が病院へ行く必要があると思わないことにはどうしようもないと言っていた。お母様の中でも変化があったのではないかと思う。

 

 

 

category: 
blog tag: 

サイト復旧

ここ数日、サイトエラーが出ていましたが復旧致しました。

思ったより時間がかかってしまって、ご覧頂けない間、ご迷惑おかけしました。

 

多分。大丈夫だと思いますが新サイト

http://sakura-marina.com/

の方にも掲載しています。

 

引っ越し予定でいますがもう少し時間がかかりそうなので、新サイトとこちらと両方に並行して記事を書いていく予定です。

よろしくお願いいたします。

category: 

色々な合図とメッセージ  リーディングより

最初にお断りするのはリーディング内容は個人情報と同様として扱っているのでブログに書いたりはしていません。ただし、ここに掲載する場合はご本人の許可をとっています。

 

今回のリーディングはAさんという女性。始まる前にどなたからメッセージを頂きたいかを伺っていなかった。

出て来てくださった方は父方のおじい様と伝わってきてそれをお伝えしたけれど、最初はなかなか特定ができなかった。もうお1人は母方のおばあ様だった。同じく特定がなかなかできなかった。100%間違いなくできるというのは難しい事も多い。今回もそれを実感。

リーディングを掲載してくださいました 

先日リーディングさせていただいたジュテームボクーさんのブログです。

リーディングの内容の一部を書いてくださっています。

リーディングしていただきました

ありがとうございました。

 

リーディングのイメージ 1

スピリチュアル・リーディングではイメージを間違えて解釈したりすることもある。

 

両開きのドアのついた押し入れ、と見たら実際には両開きのドアだったとか、

段ボール箱、と見たら木箱だった、

いうようなこと。

実は「これでした!」と後から連絡を頂き、腑に落ちることがある。なるほど、そのことだったのか!みたいな感じ。

 

いきなりイメージを送ってくれることもある。例えば「筆」。本当に筆のみ。で、私としては何でしょう、筆って? となる。伺うと「生前は書道家だった」とか。

感動したリーディング  リーディングより

最初にお断りするのはリーディング内容は個人情報と同様として扱っているのでブログに書いたりはしていません。ただし、ここに掲載する場合はご本人の許可を頂いています。

 

 

この日のリーディングは最初からちょっとだけ違っていた。

リーディング前、準備をするのだけれど、その時に光の世界にいらっしゃる方が依頼者さん(Aさん)と紐のようなもので繋がっている所を見せてくれた。この意味は光の世界いるCさんにAさんは気持ちを伝えていたそうで、それをCさんが受け取っているという意味だと感じた。それだけでも感動をする。

 

リーディングの内容や実際

ブログ妻が膵臓癌になりましたでモコさんがスピリチュアル・リーディングの事を書いてくださいました。

 

リーディングがどんなものか分からない方や、リーディングを受けることを迷っておられる方には参考にしていただけるかと思います。

お問い合わせの返信が届かない場合

お問い合わせをいただき、すべてに返信をさせていただいておりますがもし2日たっても私からの返信が届かない場合はお手数ですがもう一度送っていただけると幸いです。

 

携帯メール(.docmo.ne.jp ezweb softbank)などのメールには返信が届かないケースがあります。その場合、gmailからの受信ができるように設定していただくと届くと思います。お手数ですがよろしくお願いいたします。

 

中には私からの返信が迷惑メールに振り分けられている可能性もあります。お手数ですが、一度ご確認くださると幸いです。

 

category: 

ページ